ここから本文です

警察官名乗る男「個人情報漏れてる」 女性2人計1900万円被害

6/28(水) 10:34配信

福島民友新聞

 福島市で80代の女性2人が警察官を名乗る男からの電話を信じ、合計1900万円をだまし取られたことが27日、福島署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。
 同署によると、同日午後、警察官を名乗る男からそれぞれの女性方に「あなた名義の架空口座が作られている」「オレオレ詐欺が発生し個人情報が漏れている。あなたの名前もあった」などと電話があった。
 女性2人は被害防止のため現金を引き出すよう求められ、1人は約900万円、別の女性が約1000万円をそれぞれ金融機関の口座から引き落とした。電話の男は「被害に遭っても補償される制度がある」「偽札が混ざっているので調べる」などと話したという。その後、女性2人はそれぞれの自宅に訪ねてきた男に現金を手渡した。
 1人の女性は別の口座からも現金を引き落とすことを要求され、別の金融機関に行ったところ、被害が発覚。別の女性は男から聞いた実在の県警の電話番号に電話し、被害が分かった。

福島民友新聞

最終更新:6/28(水) 10:34
福島民友新聞