ここから本文です

ザクセンリンクの路面再舗装を受けて、ドイツGP金曜フリー走行を計20分延長/MotoGP

6/28(水) 16:12配信

motorsport.com 日本版

 MotoGP第9戦ドイツGPが行われるザクセンリンクは、路面が再舗装されたため、金曜日に行われる2回のフリー走行のセッション時間が10分ずつ延長されることになった。

【写真】路面再舗装によりデータが全くない状態。ミシュランは特別態勢で対処

 ザクセンリンクの騒音規制により、MotoGP開催週以外は走行を行うことができない。タイヤのグリップや摩耗に関するデータが少ないため、タイヤを供給しているミシュランは特例的にフロントとリヤ、それぞれ4種類ずつのコンパウンドを持ち込むことは、motorsport.comがすでに報じた通りだ。

 通常、今シーズンのレースには前後それぞれ最大3種類のタイヤコンパウンドを持ち込んでいたミシュランだが、今回のドイツGPには2種類のソフト、ミディアム、ハードの4種類を持ち込む上、万が一に備えてハードよりも硬い”セーフティ”コンパウンドを持ち込む。

 それに加え、新しくなったサーキットに対応する時間をライダーに与えるため、初日の走行が延長されることになった。

 これによりフリー走行1回目は日本時間16時55分から17時45分まで、フリー走行2回目は21時0分から21時55分の各55分で行われる。