ここから本文です

白骨遺体発見、空き家調査中 以前住んでいた女性「入院する」/上尾

6/28(水) 22:10配信

埼玉新聞

 27日午後3時20分ごろ、埼玉県上尾市上の店舗付き住宅の空き家調査に立ち会っていた上尾署員が、1階6畳間で白骨化した遺体を発見した。同署で身元や死因を調べている。

 同署によると、性別は不明で、死後数カ月以上が経過しているとみられる。同方は2階建てで1階に店舗を併設。遺体は1階6畳間に敷かれた布団の上にあおむけで横たわっていた。ベスト、パーカー、トレーナーの上衣にスエットズボン、靴下姿で、着衣や骨に目立った損傷はない。

 同方は2013年ごろまで酒店を営み、15年春ごろ、1人で住んでいた女性が「入院するので自治会の班長を代わってほしい」と言っていたことまでは分かっているが、その後に入院したかは不明。

 今年5月中旬、市民から空き家として市に情報提供があり、チャイムを鳴らしても反応がないため市が女性の親族に連絡。市職員の要請で署員も調査に立ち会っていた。

最終更新:6/29(木) 0:33
埼玉新聞