ここから本文です

泣けるカーズ!?公開まで待てない!監督にカーズ クロスロードの見どころと裏側をせまる

6/28(水) 20:50配信

オートックワン

ブライアン・フィー監督に単独インタビュー、オートックワンがカーズへの想いを聞く!

ディズニー ピクサーの最新3Dアニメーション映画、『カーズ クロスロード』(カーズ3)。昨日、東京・港区で”新車発表会”が開かれ、日本公開まで秒読み段階となった本作。なんと今回は、歴代『カーズ』シリーズすべてを手掛けてきた「ブライアン・フィー」監督に単独インタビューできる機会を得ることができた。

この記事のフォトギャラリーを見る!(全10枚)

インタビューは6月28日、都内某ホテルの一室にて行われた。

6月27日の記者会見で壇上に居たディズニー ピクサーの監督と、一対一で話ができる機会なんてなかなかあることではない。軽い緊張感を覚えながら、約束の部屋へと向かった。

約束の部屋の周りには厳重な警備が敷かれ、ブライアン・フィー監督がいかにも”要人”であることがその場の雰囲気から伝わってくる。

インタビュー開始の時間になると、昨日見たままの姿で(当たり前ではあるが)ブライアン・フィー監督が現れた。

自己紹介をお互いに済ませ間近で話をしてみると、表情や雰囲気から「これでもか!」というほど良い人柄であることが分かる。いつの間にか先ほどの緊張はどこかへ飛んでいき、落ち着いてインタビューをすることができた。

自動車専門メディアならではの質問もまじえ、『カーズ クロスロード』に関する7つの質問をすることができたので、ぜひ最後までご覧になっていただきたい。

ブライアン・フィー監督が語る! カーズへの想いとファンに伝えたいこと

Q:今回の作品は、アメリカでは『カーズ3』となっていますが、日本では『クロスロード』というサブタイトルが付けられていますよね。 日本公開に向けて、『クロスロード』というサブタイトルを付けた意図はあるのでしょうか?

A:実は、アメリカではサブタイトルを付けたりすることがあまりメジャーでは無いんだ。だけど、サブタイトルを付けることはとても理にかなっていることだと私は思っているよ。日本のファンの方に、新しい『カーズ』をより分かりやすく、そして、より親しんでもらえるように物語の内容を示す『クロスロード』というサブタイトルを付けたんだ。

1/4ページ

最終更新:6/28(水) 20:50
オートックワン