ここから本文です

青森県南地方でニンニク収穫最盛期

6/28(水) 11:04配信

デーリー東北新聞社

 青森県南地方で、ニンニクの収穫が最盛期を迎えた。五戸町上市川の中里光朋さん(60)の畑では27日、掘り取りや根を切る作業が盛んに行われた。

 約45アールを手掛ける中里さんによると、今年は少雨と低温で生育の遅れが心配されたが、この1週間ほどで肥大が進み、大きさは十分。平年並みの収量を確保できる見通しという。

 この日は好天に恵まれ“収穫日和”に。機械が音を立てて大玉のニンニクを畝に積み上げていく傍らで、15人の作業員は慣れた手つきで根を切る作業に精を出していた。

 八戸農協ニンニク専門部長も務める中里さんは「地元の農家が丹精込めてつくった安心・安全なニンニクを食べてほしい」とアピールした。収穫は7月初旬まで続く。

デーリー東北新聞社