ここから本文です

酒のニオイからAIでアルコール度数を推定

6/28(水) 19:33配信

ニュースイッチ

物材機構が開発、食品鮮度やがん細胞特有の成分計測に期待

 物質・材料研究機構の柴弘太研究員と田村亮研究員、今村岳研究員、吉川元起グループリーダーは人工知能(AI)技術を利用してお酒のにおいからアルコール度数を推定する技術を開発した。におい成分を吸着する感応材料と高感度センサーの組み合わせと信号解析処理を機械学習で最適化した。お酒など32試料のにおいを学習させ、赤ワインとウイスキー、芋焼酎のにおいを与えたところアルコール度数を当てられた。

 においのもととなる揮発性成分は数十万種類存在する。成分一つひとつの濃度を特定するには成分ごとに精製する必要があった。今回、センサーが複数の成分に反応する信号を機械学習した。お酒の揮発性成分の中からエタノール濃度の推定に成功。食品の鮮度や熟成を表す成分や、がん細胞特有の成分などの計測が期待される。

最終更新:6/28(水) 19:33
ニュースイッチ