ここから本文です

西武・森慎二コーチ死去、42歳 25日試合前に体調不良訴え 辻監督は沈痛「数日前まで一緒に戦った仲間だから」

6/28(水) 23:01配信

西日本スポーツ

 西武の森慎二投手コーチが28日、多臓器不全のために福岡市内の病院で亡くなった。42歳だった。沖縄で開催されたロッテ戦後、球団が発表した。葬儀・告別式は未定。

【写真】森慎二コーチの訃報を受け、目を潤ませて悲しみに暮れる辻監督

 球団によると、森コーチは25日に福岡市のヤフオクドームで行われたソフトバンク戦の試合前、球場入りした後に体調不良を訴え、同市内の病院で検査。そのまま入院し、28日午後0時10分に死去した。27日には病気療養のため、休養することを発表したばかりだった。鈴木葉留彦球団本部長は「前の日まで元気にしていた。病気の兆候などは分からなかった。急だった」と説明した。

 辻監督は、この日の試合前練習を終えた後、球団から説明を受けたという。「ショックです。数日前まで優勝を目指して一緒に戦っていた仲間だから…。つらい」。目を潤ませながら、沈痛な表情で話した。選手、スタッフにはロッテ戦後、鈴木球団本部長から説明があった。

 ◆森慎二(もり・しんじ)1974年9月12日生まれ。山口県岩国市出身。岩国工高から新日鉄君津を経て、1997年ドラフト2位で西武に入団。2002、03年には最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。05年オフにポスティングシステムを利用し、米大リーグに挑戦。デビルレイズに入団した。09年から独立リーグ石川ミリオンスターズで選手兼任コーチを務め、10年に監督に就任。15年から西武で2軍投手コーチ兼育成コーチに就任。16年途中に1軍投手コーチとなった。プロ通算431試合に登板し、44勝44敗50セーブ。防御率3・39。189センチ、90キロ。右投げ右打ち。

西日本スポーツ

最終更新:6/29(木) 17:58
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 9:40