ここから本文です

「自衛隊発言」撤回 辞任は否定

6/28(水) 4:58配信

ホウドウキョク

稲田防衛相が、自衛隊の政治利用と受け取られかねない発言をした。
稲田防衛相は27日、東京・板橋区での都議選候補の応援演説で、「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」などと述べた。
自衛隊法では、自衛隊員の政治的行為を制限しているため、稲田氏の発言は、自衛隊の政治利用と受け取られかねず、法に抵触するおそれもある。
これを受けて、稲田氏は27日夜、記者団に対し、発言を撤回する考えを示した。
稲田防衛相は、「誤解を招きかねない発言に関して、撤回したい」と述べた。
また、稲田氏は「これからも職務を全うしたい」と述べ、辞任は否定した。
これに対し、民進党の蓮舫代表は「即刻辞任すべきだ」とのコメントを出したほか、自民党からも「防衛省を私物化して、もはやアウトだと思う」といった厳しい声が上がっている。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/28(水) 4:58
ホウドウキョク