ここから本文です

タカタ 債権者300人に説明会

6/28(水) 23:27配信

ホウドウキョク

弁済率や支払期限は、明らかにしなかった。
欠陥エアバッグ問題で経営破綻した、自動車部品メーカーのタカタは、融資を受けている銀行や、部品の供給を受ける取引先など、債権者300人を集め、東京都内で説明会を開いた。
高田会長兼社長は、冒頭、民事再生法の適用申請などを陳謝するとともに、債務の支払いなどについて説明した。
民事再生法では、債権者を事業継続に不可欠な取引先と、そのほかの取引先に分けて対応することになるが、説明会で具体的な基準は示されず、弁済率や支払期限などについても明らかにしなかった。
債権者は、「サプライヤーとしては、今まで通り取引が継続できるということで安心した」、「(ある程度返ってこないのは痛い?)それは、お金返ってこないのは痛いことは痛い」などと話した。
タカタは、こうした説明会を、下請けなどの取引先が多い、滋賀県や佐賀県でも順次開く予定。
一方、東京地裁は、タカタと関連2社に対する民事再生法の適用を決定した。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/28(水) 23:27
ホウドウキョク