ここから本文です

元秋田の藤江建典が2シーズンぶりに岩手へ復帰「みなさんに会えるのが待ち遠しい」

6/28(水) 17:06配信

バスケットボールキング

 岩手ビッグブルズは6月28日、元秋田ノーザンハピネッツの藤江建典と契約基本合意に至ったことを発表した。

 福岡県出身で30歳の藤江は、183センチ80キロのスモールフォワードで、白鴎大学卒業後の2010年に当時JBL2所属のTGI・D-RISE(現山形ワイヴァンズ)へ入団。2012年からの3年間は富山グラウジーズで過ごし、2015年に岩手ビッグブルズへ移籍した。Bリーグ初年度の2016-2017シーズンは秋田に在籍し、レギュラーシーズン40試合に出場。しかし、5月25日、契約満了に伴いBリーグ自由交渉選手リストに掲示された。

 2シーズンぶりに岩手へ復帰した藤江は、クラブの公式HPで「また岩手でプレーできることに今からワクワクしています」とコメント。「バスケットで岩手を盛りあげるという強い気持ちをコートで出し、勝ちにこだわってプレーしていきます。みなさんに会えるのが待ち遠しいです」と想いを述べた。

 なお、岩手は28日時点で、永田晃司、鈴木友貴、小原良公、千葉慎也の残留を発表している。

BASKETBALL KING