ここから本文です

七夕にそうめん 親子調理楽しむ

6/28(水) 0:10配信

カナロコ by 神奈川新聞

 季節にちなんだメニューを親子で調理するイベントが24日、横浜市戸塚区の横浜保育福祉専門学校で開かれた。子どもたちに「食」の正しい知識を伝えながら親子で楽しんでもらおうと同校が企画。来年2月まで毎月開催する。

 近隣から応募した4~9歳の子どもと親計28人が参加。同校学生の指導で、天の川をイメージしたそうめんと星形にくりぬいたクラッシュゼリーを作った。調理前には、七夕にそうめんを食べるようになった由来なども話した。家族4人で参加した三枝ちひろさんは「家庭だと散らかるのが気になるが、今日は伸び伸び楽しめた。子どもは家でもやると言うので期待している」と笑顔で話した。

 次回は7月29日、手打ちうどんを調理する。先着30人。申し込みは同校電話045(826)7730。