ここから本文です

杉原千畝コーナーを四男が見学 鎌倉歴史文化交流館

6/28(水) 9:03配信

カナロコ by 神奈川新聞

 第2次大戦中、ユダヤ人に「命のビザ」を発給してナチスの迫害から救い、晩年を鎌倉で過ごした外交官杉原千畝(ちうね)(1900~86年)の四男伸生(のぶき)さん(68)が27日、先月オープンした鎌倉歴史文化交流館(鎌倉市扇ガ谷)を訪れ、杉原を紹介したコーナーを見学した。

 「晩年を過ごした鎌倉で多くの市民に千畝を思い出してもらえてうれしい」と伸生さん。現在は杉原の写真パネルや年表などが並ぶ。伸生さんは杉原の写真約400枚や万年筆、ビザ発給を記録したリストを打ったタイプライターなどの遺品を所有しているといい、「(展示室の環境が整えば)協力できることはしていきたい」と話した。