ここから本文です

新譜を携えたミシェル・ブランチがエネルギッシュな歌声で魅了!ジャパンツアー初日の大阪公演レポート

6/28(水) 12:25配信

Billboard Japan

 2001年、あのマドンナが設立したマーヴェリック・レコードから18歳でセンセーショナルなデビューを飾った歌姫、ミシェル・ブランチが6月26日にビルボードライブ大阪で公演を行った。

ミシェル・ブランチ 来日公演写真(全6枚)

 ギター、ベース、ドラム、キーボードの5人でオン・ステージ。母方の血がオランダ、インドネシア、フランス、父方の血がアイルランドということで、東洋的な雰囲気を合わせ持ち美しい。

 少し歪んだギターに合わせ歌う「Best You Ever」で開演。"フライトが遅れ、預けたアコースティックギターが壊れ、睡眠は1時間の時差ボケなの"と、そんなトラブルもあったことを忘れさせるようなライブは、今年4月にリリースとなった7年ぶりのニューアルバム『Hopeless Romantic』を中心に、ヒット曲の数々も随所に散りばめられている。20歳で結婚、21歳で出産、離婚など彼女の経験から作られた恋愛ソング「Fault Line」「Heartbreak Now」は、大人の女性として力強いメッセージを感じる。

 ジェシカ・ハープと組んだユニット、ザ・レッカーズの「Leave The pieces」は、ギターをラインに繋げずにキーボードとマイク一本によるアコースティックバージョンで披露した。そして、2003年のグラミー賞で“最優秀ポップ・ヴォーカル・コラボレーション”部門を受賞した「The Game Of Love」、ポスト・グランジ色の色濃い「Are You happy Now?」、さらに彼女の代表曲となった「Everywhere」をソロスタイルで披露し、全18曲で幕を閉じた。

 なおミシェル・ブランチの東京公演は明日6月28日から2日間に渡って行われる。数々の功績を残してきた彼女が、エネルギッシュな歌声で新旧の名曲を織り交ぜて展開するステージは見逃せない。



◎公演情報
【ミシェル・ブランチ】

ビルボードライブ大阪:2017年6月26日(月) ※終了
1stステージ開場17:30 開演18:30 / 2ndステージ開場20:30 開演21:30
>>公演詳細はこちら

ビルボードライブ東京:2017年6月28日(水)~29日(木)
1stステージ開場17:30 開演19:00 / 2ndステージ開場20:45 開演21:30
>>公演詳細はこちら

最終更新:6/28(水) 12:25
Billboard Japan