ここから本文です

上市町長選、松谷議長出馬へ 中川副町長と選挙戦か

6/28(水) 7:29配信

北日本新聞

 任期満了に伴う上市町長選(9月26日告示、10月1日投開票)で、町議会議長の松谷英真(えいしん)氏(59)=舘=が27日までに立候補する意向を固め、後援会幹部らに伝えた。松谷氏は北日本新聞の取材に「考え抜いた末、町民のために頑張る覚悟を決めた」と述べた。今期限りで引退する伊東尚志町長(72)が後継として挙げている副町長の中川行孝氏(67)=下荒又=も出馬の方向で前向きに検討しており、選挙戦の可能性が高まった。

 松谷氏は大谷大短期大学部卒で、2005年の町議選で初当選した。11年の県議選中新川郡選挙区に挑んで敗れたものの、13年の町議選で3期目の当選を果たし、15年9月から議長。現在は自民党上市支部事務局長を務めるほか、ボーイスカウトや社会福祉協議会などに関わる。伊東氏を支える会のメンバーも長く務めている。

 町長選を巡っては、伊東氏が1月の後援会新春の集いで引退を表明。表立った動きのない中、今月11日の会合で、13年から副町長を務める中川氏を適任者として紹介した。中川氏は出馬に向けて周囲と相談を重ねており「近く結論を出したい」と話している。

北日本新聞社

最終更新:6/28(水) 7:29
北日本新聞