ここから本文です

残念、三回途中で雷雨中止 那覇・プロ野球西武-ロッテ戦

6/28(水) 8:05配信

沖縄タイムス

 沖縄セルラースタジアム那覇で27日にあったプロ野球パ・リーグ公式戦、西武-ロッテは、三回途中で雷雨となり中止となった。観戦した子どもたちはつかの間のプロの技を楽しむ一方、中止が決まると大きなため息を漏らした。

 午後6時半の試合開始に先立つ始球式では、中城南小学校の野球チーム「中城南ウインズ」の15人がグラウンドに立った。投球した同小6年の大城琉生(るい)君(11)は「プロの選手は体が大きすぎて緊張した。将来は僕も大きなプロ選手になりたい」と目を輝かせた。

 開始直後、県出身でロッテの伊志嶺翔大外野手が中前安打で出塁し、スタンドは大盛り上がり。しかしその直後に大雨で中断し、再開後の三回表に再び雷雨となった。主審が「ノーゲーム」の合図をすると、観客席からは大きなため息が漏れた。内野席で観戦した読谷村の古堅南少年野球クラブの玉城良太朗君(12)は「ホームランが見たかった。またチャンスがあれば来たい」と残念がった。

最終更新:6/28(水) 8:05
沖縄タイムス