ここから本文です

野村氏がみたヤクルト・山田哲人

6/28(水) 11:00配信

ベースボールキング

 昨季、日本プロ野球史上初の2年連続トリプルスリーを達成したヤクルト・山田哲人だが、今季は開幕から調子があがらず、打率はリーグワーストの.216と苦しんでいる。

 27日の巨人戦では、2点を追う5回一死一塁の第3打席、田口麗斗からセンターへ貴重な第9号同点2ランを放った。同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、「完璧でしたね。なかなか手出しをしないと言いましたけど、真ん中の低めストレート、しっかりセンターのバックスクリーンですからね」と評価した。

 第3打席で同点2ランを放った山田だが、初回一死二塁の第1打席が三ゴロ、3回一死一、三塁の第2打席が併殺打、1点を追う7回二死二塁の第4打席が見逃し三振と、得点圏で迎えたその他の打席は凡退に終わった。

 山田の第1打席と第2打席に野村氏は「アウトのなり方が、ちょっと山田らしくない」と話せば、見逃し三振に倒れた第4打席についても「1ストライク、2ストライク目の見逃し方をみますと、どうしてもこうなりますよね。ちょっと残念に感じました」と本来の山田からは程遠く映ったようだ。

 それでも、第3打席に2ランを放つなど、徐々に出てきている。ヤクルトが上位に進出するためにも、山田の復活は必要不可欠。1日も早く本来の調子を取り戻してほしいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 22:40