ここから本文です

イチロー、代打で決勝適時打! 今季8打点目、マーリンズ2連勝

6/28(水) 11:47配信

ベースボールキング

○ マーリンズ 6 - 3 メッツ ●
<現地時間6月27日 マーリンズ・パーク>

 マーリンズのイチローが27日(日本時間28日)、本拠地でのメッツ戦に代打で出場し、今季8打点目となる決勝タイムリーを放った。マーリンズは接戦を制し、2連勝とした。

 イチローは3-3で迎えた7回、無死一、三塁の好機で登場。メッツの中継ぎ左腕・ブレビンスが投じた2球目の直球を捉えると、これが三遊間を綺麗に突破する勝ち越し適時打となった。

 マーリンズはなおも一死満塁から、3番イエリチが2点適時打をマーク。二塁走者のイチローが6点目のホームを踏み、今季12個目となる得点も記録した。

 イチローは1打席のみで出場で、この試合は1打数1安打1打点の成績。メジャー通算3051安打とし、歴代24位のロッド・カルー(3053安打)までの残り2安打。今季の打率は.219となった。

 マーリンズは8回フェルプス、9回ラモスが無失点で締め接戦に勝利。白星は4番手のベアラクラに付き、ラモスは13セーブ目を手にした。

BASEBALL KING