ここから本文です

【あなたは何しに?】ハイテンションなインタビュアーは元GP2チャンピオン

6/28(水) 7:00配信

オートスポーツweb

 F1シーズンを転戦していると普段見かけない人との出会いがある。そんな人に、「あなたは何しに、レースに来たのか?」を尋ねてみる特別企画。今回は元GP2チャンピオンのダビデ・バルセッキ。2012年の王者がF1のインタビュアーを務めるまでの経緯に迫る。 

F1アゼルバイジャンGPで予選後インタビューを行う元GP2王者バルセッキ

----------------------------

 今年から、予選直後にも観客のためのインタビューセレモニーが行われるようになった。前戦カナダGPでは、サーキット・ジル・ビルヌーブで最も大きなスタンドとなっている2コーナーで行われた。

 そのとき、ポールポジション獲得回数であこがれのアイルトン・セナが持つ65回の記録に並んだハミルトンに、セナの家族からの贈り物として、クリアケースに入れられたセナのヘルメットが手渡された。

 アゼルバイジャンGPの予選でもハミルトンはポールポジションを獲得。これでポールポジション獲得回数でセナを超えて単独2位となった。車検室の出口で行なわれたトップ3のドライバーたちのインタビューセレモニーで、ハミルトンは喜びを爆発させた。


 しかし、そのハミルトンにも負けないほどハイテンションだったのが、インタビュアーだった。ちょっと巻き舌でまるで酔っ払いのおじさん(失礼!!)のようにハミルトンにインタビューをしていたこの人はいったい誰?と思った方もいたのではないだろうか。

 じつはこの方、2012年のGP2シリーズのチャンピオンのダビデ・バルセッキなのである。英語がちょっと巻き舌なのは、彼がイタリア人だからで、明るいノリは彼の天然な性格によるところが大きい。

 今年からスタートしたから自動車番組とバラエティ番組の「トップ・ギア・イタリア」にも出演しており、イタリアではモータースポーツファンだけでなく、お茶の間の人気者となっている。


 ところで、なぜ元GP2王者がインタビューセレモニーに来たのか。じつはGP2のタイトルを獲得した後、ロータスのリサーブドライバーを務めていたバルセッキは、同時にスカイ・スポーツ・イタリアでピットレポーターも務めていた。

 その経験から、その後、F1と同様GP2シリーズもポディウムセレモニーでインタビューを開始すると、GP2に詳しいバルセッキがそのインタビュアーを務めることとなった。

 このポディウムセレモニーや予選後のセレモニーでのインタビュアーは国際映像を統括しているFOMが決定するのだが、アゼルバイジャンGPの予選セレモニーでその大役に抜擢されたのが、バルセッキだった。

「昨日(金曜日)の夜にFOMから打診があったんだ。F1のセレモニーは初めてだけど、F1ドライバーの多くはGP2時代から知っている仲間だし、いつもパドックで話をしているから、特別なことは何もないよ」と、初めてのF1のセレモニーの印象を語ったバルセッキ。

 さっそく、翌日(日曜日)のF2のポディウムセレモニーにも登場し、ハイテンションなインタビューをトップ3ドライバーと繰り広げていた。

 ちなみにバルセッキはF1ドライバーになる夢はあきらめたが、レースはまだ続けている。

「オートクロス(自動車競技の一種。モトクロスの四輪車版で、いわば自動車によるクロスカントリーレース)をやっているんだ。今度オートクロスのヨーロッパ選手権に出るよ」

[オートスポーツweb ]