ここから本文です

ホンダF1、スペック3エンジンに“0.2~0.3秒以上”の向上を確認。「なんとしても次戦で2台に搭載を」

6/28(水) 7:56配信

オートスポーツweb

 ホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は、F1アゼルバイジャンGP金曜に行ったアップグレード版“スペック3”エンジン(ICE)のテストで好感触を得たと語った。時間がないなか、次戦オーストリアではフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンの2台にこれを搭載すべく、製造を急ぐという。

2017年第8戦アゼルバイジャンGP金曜 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)がFP2でストップ

 金曜、フェルナンド・アロンソのマシンでスペック3のテストが行われ、データ上、進歩が確認されたものの、走行時にギヤボックストラブルが発生しており、エンジンへのダメージをチェックするため、日本で詳細な検査が行われることになっている。しかしバクーでの初期チェックではダメージの兆候は見られないということだ。アロンソは土曜以降はスペック2のエンジンに載せ替えて走った。

 長谷川氏は、時間的に非常にタイトだが、次戦オーストリアにはスペック3を2台分用意したいとの考えを示した。

「ギヤボックストラブルがあり、オーバーレブしてしまいました」と長谷川氏は英AUTOSPORTに対して語った。

「(エンジンに)問題は全く見られませんが、さくら(のファクトリー)で改めて検査します」

「問題ないはずなので、(オーストリアでは)2台のスペック3を導入するつもりです。スペアはありませんが、他に選択肢はありません。(オーストリアで)2台のスペック3を走らせる必要があります」


 ホンダはスペック3エンジンにはバクーのコースでは0.2秒から0.3秒以上のゲインがあったと考えている。アロンソが使用したエンジンに何のダメージも見つからなければ、次戦はペナルティなしに交換できることになる。

「内燃機関のアップグレードは、パワーにフォーカスしたものです。パワー向上について具体的なことは公表しないものですが、バクーのサーキットでは新エンジンで0.2秒あるいは0.3秒以上のゲインがありました」と長谷川氏。

「信頼性の面でもトラブルはなかったので、パフォーマンスとパワーに集中することができます」

 長谷川氏はまた、ダイナモ上のテストで予想した改善が、実際にコース上で走って得たデータで裏付けられたとして、その点については満足感を示しているが、まだやるべきことは多いとも認めている。

「マシンにつけたパワーのセンサーを見ると、ダイナモで見られたものと同じ違いを確認することができました」

「パフォーマンスに関するアップデートを持ち込むことができてうれしく思います。それなりにいいアップグレードでしたが、他のエンジンマニュファクチャラーに追いつくほどではありません。次回のアップデートに向けて加速していく必要があります」

 第8戦アゼルバイジャンで、アロンソは9位フィニッシュ、マクラーレン・ホンダはようやく今季初入賞を達成した。

[オートスポーツweb ]