ここから本文です

【あなたは何しに?】バクーに現れたルノー元代表ブリアトーレの真意とは

6/28(水) 18:49配信

オートスポーツweb

 F1シーズンを転戦していると普段見かけない人との出会いがある。そんな人に、「あなたは何しに、レースに来たのか?」を尋ねてみる特別企画。今回はルノー元代表のフラビオ・ブリアトーレだ。 

アゼルバイジャン大統領と談笑するルノー元代表ブリアトーレ

----------------------------

「いくつか選択肢がある。いま、みんなが話しているよりもたくさんね。その中には、サプライズもあるよ。この先、どうなるか見てみよう」

 2015年のブラジルGP以来、2シーズンぶりにQ1落ちしたアゼルバイジャンGPの予選後、マクラーレンで行われた記者会見で、2018年の進路について尋ねられたアロンソは、微笑みながら、そう語った。


 アロンソとマクラーレンとの契約は、2017年限りとなっている。2018年の去就について、アロンソはかねてから「勝てるチーム」を希望しており、現状のままではマクラーレンに残留する見込みは低い。

 だが一方で、2018年も勝てるチームと目されているトップ3のメルセデス、フェラーリ、レッドブルは、現行のラインナップのままとなる可能性が高い。つまり、アロンソにはマクラーレンが来年勝てるかどうかに関係なく、残留するしか道は残されていないと思われていた。

 そんな状況にもかかわらず、アロンソが強気な発言を行ったのには、理由がある。それは、アゼルバイジャンGPが開催されていたバクーを、重要な人物が訪れていたからだ。その人物とは、元ルノーのチーム代表を務めていたフラビオ・ブリアトーレだ。

 2005年と06年にアロンソとともにタイトルを獲得したブリアトーレ。しかし、2人はドライバーとチーム代表という関係だけではない。ブリアトーレはアロンソのマネージメントを影で支えている真のマネージャーなのである。そのブリアトーレがシリーシーズンが始まろうというこの時期に、サーキットを訪れた。いったい、ブリアトーレは何をしにバクーにやってきたのか。


 目的のひとつが、メルセデス幹部との会食だ。アゼルバイジャンGPの金曜日、6月23日の夜に、ブリアトーレはメルセデスのトト・ウォルフ(エグゼクティブディレクター/ビジネス)とニキ・ラウダと会食している。その件について尋ねられたウォルフは、会食した事実は認めながらも、アロンソの契約に関する交渉はいっさいしていないと語った。

「フラビオと食事をすれば当然、アロンソのことも話題に挙がる。でも、それはインディ500について。アロンソが来年、われわれのチームに加わるといったような話はしていない。なぜなら、われわれは現在のドライバーラインアップにとても満足しており、そこに疑問を抱く理由はないからね」

 ウォルフとラウダと会食した翌日、ブリアトーレはマクラーレンのホスピタリティハウスでアロンソの現場マネージャーを務めるルイス・ガルシアと話し込んでいた。ガルシアはアゼルバイジャンGPの週末、ルノーのシリル・アビデブール(マネジングディレクター)と密会していた。

 だが、契約の話は何もサーキットでなくてもできる。むしろ、ほかの人間が大勢いるサーキット以外で行われることのほうが多い。さらに大物ドライバーのトップチームへの移籍というのは、秘密裏に行われる。

 なぜなら、トップチームには大手自動車メーカーや大手企業がスポンサーについているため、正式に発表されるまで、情報の漏洩を嫌うためだ。それは2013年にマクラーレンからメルセデスに移籍したハミルトン、15年にレッドブルからフェラーリに移籍したベッテルがそうだった。

 アロンソが現役ドライバーの中で、いまでもトップクラスであることは、多くの人々が認めている。だからこそ、アロンソとそのマネージメントスタッフには泰然自若として構えていてもらいたい。

[オートスポーツweb ]