ここから本文です

リーガ、1部&2部の合計観客動員数が過去最多に…1400万人越えを記録

6/28(水) 14:11配信

SOCCER KING

 スペインのプロサッカーリーグ「ラ・リーガ」は、今シーズン行われたリーガ・エスパニョーラ1部と2部の合計観客動員数が歴代最多となる1405万2134人を記録したと発表した。スペイン紙『ABC』などが26日に伝えている。

 リーガ・エスパニョーラ1部と2部は、24日に行われた1部昇格プレーオフ決勝セカンドレグのヘタフェ対テネリフェ戦をもって、今シーズンの全日程を消化した。公表されたデータによると、合計観客動員数は昨シーズン(1401万4099人)よりも約4万人増えたという。また、2013-14シーズン(1290万643人)に比べて約115万人、約9パーセントの増加率を記録している。

 さらに、1部に限れば、「スタジアム収容率(71.51パーセント)」、「シーズンチケット購入者数(774万5128人)」、「一般チケット販売数(191万6765枚)」の3項目で、これまでの記録を塗り替えたという。

 なお、サッカー界のあらゆるデータを扱うスペインメディア『Deportes&Finanzas』によると、クラブ別の平均観客動員数はバルセロナが7万7527人でトップ。王者レアル・マドリードは、6万8562人で2位だった。一方、スタジアム収容率は、今シーズンが1部初挑戦となったレガネスが87.67パーセントで1位に輝き、レアル・マドリードは84.6パーセントで2位、バルセロナは78.03パーセントで7位となっている。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:6/28(水) 14:11
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合