ここから本文です

「ガクとは話し合ったけど…」 主力引き止めに頭を悩ませるテネリフェSD

6/28(水) 12:14配信

ゲキサカ

 昇格プレーオフ決勝でヘタフェに敗れ、1部昇格を逃したテネリフェは来シーズンの陣容編成に向けて動き出しているが、多くの選手がチームを離れる可能性があるようだ。

 スペイン『アス』によると、契約を更新していないMFアーロン・ニゲスはクラブに残留しないと見られ、1年契約を残しているDFヘルマン・サンチェスにはグラナダからオファーが届いているようだ。さらに、FWアントニー・ロサノ、FWタイロン・デル・ピノ、MFアマト・ディエディウ、そして柴崎の去就も不透明とされている。

 アルフォンソ・セラーノSDは「ガクやアマト、ロサノのような選手は我々も引き止めたいが、彼らには1部からオファーが来るであろうことも理解している」と語ると、「ガクとは話し合ったけど、彼は我々にとても感謝していたんだ。彼の場合、残ってくれるとしたら経済的な理由というよりもセンチメンタルな理由になるかもしれない」と続けている。

 昇格プレーオフの4試合で1得点2アシストと結果を残した柴崎にはベティス、アラベス、マラガ、セルタなどが興味を示していると報じられている。

最終更新:6/28(水) 12:14
ゲキサカ