ここから本文です

道後・飛鳥乃湯泉で提供、茶菓子2種発表 県産の緑茶やユズ使用

6/28(水) 17:03配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛県松山市は28日、道後湯之町に9月にオープン予定の「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」の休憩室で提供するお茶菓子2種類を発表した。
 特別浴室・個室休憩室で提供するのは一六本舗(松山市)の「道後夢菓子噺(むかしばなし)」。県産緑茶を使ったあんを白い生地で包んでシラサギをかたどったり、県産ユズを用いたあんを赤色の生地でくるんでツバキを表現したりした。うち1点を楽しめる。
 また大広間休憩室では亀井製菓(松山市)による「道後つばき花餅」を提供。ツバキがモチーフで、しょうゆ餅をベースにした菓子の中に、カスタードクリームと白あんが入っている。表面には県産ユズのパウダーが添えられ、さわやかな香りが特長という。

愛媛新聞社

最終更新:6/29(木) 9:00
愛媛新聞ONLINE