ここから本文です

【UFC】世界最恐女子の対戦相手が変更に=女子フェザー級王座戦

6/29(木) 11:34配信

イーファイト

 7月29日(日・現地時間)アメリカ・カリフォルニア州アナハイムにて開催される『UFC 214:コーミエvsジョーンズ2』の対戦カード変更が発表された。

【フォト】3月には一本勝ちで2度目のInvicta FCバンタム級王座防衛を果たしたエヴァンジャー

 セミファイナルのUFC女子フェザー級王座決定戦で、“世界最恐女子”ことクリス・サイボーグ(ブラジル)との対戦が決まっていたミーガン・アンダーソン(オーストラリア)が欠場。

 代わりに、アンダーソンと同じく世界最大の女子MMA団体『Invicta FC』(インヴィクタ・エフシー)で活躍するトーニャ・エヴァンジャー(アメリカ)が、UFC初参戦でサイボーグと王座を争うことになった。

 エヴァンジャーは2015年7月にInvicta FCバンタム級王座を獲得し、2度の防衛に成功している36歳のベテランファイターだ。これまでに19勝5敗1無効試合の戦績を収めており、勝ち星のうちKO勝ちが8回、一本勝ち7回という内容。さらに、2011年7月の黒星以降は約6年間で11戦無敗を維持している。

 対戦相手のサイボーグも17勝1敗1無効試合の戦績を持ち、2005年5月のプロデビュー戦で黒星を喫して以降は約11年間無敗。しかも勝ち星のうちKO勝ちが15回という圧倒的な強さを誇っている。タイトルはInvicta FCフェザー級王座、Strikeforce女子フェザー級王座を手にした。

 エヴァンジャーにとってはこの“世界最恐女子”を相手に、これまでの女子バンタム級(135ポンド=61.2キロ以下)から1階級上の女子フェザー級(145ポンド=65.8キロ以下)でのチャレンジとなる。しかし、「145ポンドに上げるっていうのは、私が前から考えていたことなの。もっと戦うためだけによ」(UFC公式ホームページより)とコメントしており、問題は無いようだ。

 なお、今回のUFC参戦決定を受けて、エヴァンジャーはInvicta FCからリリース(契約解除)に。7月15日(土・同)の『Invicta FC 24』で試合も決まっていたが、これにも出場しないことが同団体から発表されている。

 一方、UFC欠場が決まったアンダーソンは、その理由について「個人の差し迫った事情」と自身のSNSに投稿。詳細は明かしていないが、「前よりも強くなってまたUFCに戻って来る。そしてベルトを狙いたい」と、今後の参戦に向けて意欲を示している。

最終更新:6/29(木) 15:02
イーファイト