ここから本文です

ポンド3週間ぶり高値、早期利上げ示唆する英中銀総裁の発言で

6/29(木) 0:27配信

ロイター

[ロンドン 28日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁が早期利上げを示唆したことを受けて、ポンドが急伸する一方、株・債券価格は下落した。

ポンド<GBP=D3>は対ドルで、約1%高の1.2943ドルと、英総選挙の結果が判明した9日以来の高値に上昇。ユーロ<EURGBP=D3>に対しても、0.8%高の1ユーロ=87.735ペンスをつけている。

英10年債<GB10YT=RR>利回りは9ベーシスポイント(bp)上昇の1.184%と、5月11日以来の高水準。

FT100種総合株価指数<.FTSE>は一段安となり、下げ幅を0.4%まで広げている。

カーニー総裁は欧州中央銀行(ECB)主催の会議で、中銀は利上げが必要な公算が大きく、「今後数カ月」に協議すると述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

最終更新:6/29(木) 0:27
ロイター