ここから本文です

MF堂安律、オランダに出発「W杯には行きたいと思っている」

6/29(木) 6:05配信

スポーツ報知

 G大阪からオランダ1部フローニンゲンへ1年間の期限付き移籍するMF堂安律(19)が28日、関西国際空港からオランダへ出発。日本代表の秘密兵器に名乗りを上げた。

 日本は6大会連続のW杯出場に王手を懸けており、8月31日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦(埼玉)か9月5日の同サウジアラビア戦(アウェー)で1勝すれば自力で突破できる。「選ばれたら一番いい」と、残り2試合での招集を諦めていない。

 フローニンゲンは8月13日の開幕戦でMF小林祐希のヘーレンフェーンと、19日には名門アヤックスと対戦。「ゴールを取って圧倒的な数字を残したい」と序盤から活躍すれば、MF加藤恒平のようにハリルホジッチ監督がサプライズ招集する可能性もある。「ロシア(W杯)には行きたいと思っているので、そこに入れれば」と、異国で早期のA代表デビューを狙う。(伊井 亮一)

最終更新:6/29(木) 6:05
スポーツ報知