ここから本文です

宮里藍、昨年覇者の19歳から刺激「自信を感じるし、距離も出る」

6/29(木) 12:46配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<KPMG女子PGA選手権 事前情報◇29日◇オリンピアフィールドCC(6,588ヤード・パー71)>

悲願のメジャー制覇を狙う宮里藍の写真はこちら

29日(木)より開幕する「KPMG女子PGA選手権」で悲願のメジャー制覇を狙う宮里藍。この日は昼にコース入り、インコース9ホールをプレーし、途中昨年覇者のブルック・ヘンダーソン(カナダ)とも合流した。

19歳のヘンダーソンは2週間前の「マイヤーLPGAクラシック」で優勝。「自信を感じるし、距離も出る。すごく良い流れで来ている選手。一緒に回れてすごく楽しかった」と、勢いのあるプレーヤーから刺激を受けた様子だった。

先週から米ツアーに復帰したが、この2か月で一番ブランクを感じたのが「パッティング」。先週は慎重になりすぎたのが反省点。「今週は自分の直感を信じてやりたい」と、自身のイメージを大切にしてグリーンに臨む。

コースについては、「すごく全体的なスキルを求められるコース。ショットのバリエーション、精度、グリーン上の勝負、グリーンを外したときの難しさ。そういう意味ではすごくチャレンジングな1週間になると思います」と、やりがいを感じている様子。引退までにメジャーを獲ることが第一目標だが、「良いモチベーションにはなっています。良いコースなので、まずはしっかりシンプルにプレーをしたい」という。まずは、しっかりと自分のプレーを貫き、4日間戦い抜くことを目指す。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>