ここから本文です

「Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン)」に74ブランド追加。1400商品がボタンから購入可能に

6/29(木) 7:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

アマゾンジャパンは6月2日、ボタンを押すだけで日用品を注文できる小型端末「Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン)」に、74のブランドを追加し、合計で116のラインアップに拡充した。

Amazon Dash Button(以下、ダッシュボタン)は2016年12月にスタートしたプライム会員向けサービス。Wi-FiとBluetoothの設定をすれば、2回目以降はボタンを押すだけで注文が完了する。アプリに確認用の通知を出すことで誤注文を防ぐ仕組みを採用している。

価格は500円だが、商品の初回購入金額から500円が差し引かれるので実質無料。1つのボタンに紐付けできる商品は、選択肢の中からユーザーが選択できる。

スタート時の42ブランドの中での人気商品は、1位「サントリー天然水」、2位「ウィルキンソン」、3位「エリエール」、4位「アリエール」、5位「ムーニ―」。

消費財事業本部 統括本部長の前田宏氏は次のようにコメントした。

“>>>
洗剤のように日々使用して、なくなったらすぐ補充したいものや、重くてかさばるものが人気。予想以上の反響があり驚いている。新しいショッピング体験の1つとして、日本のお客さまに受け入れられてきたと考えている。
<<<”

今回新たに追加されたのは、菓子やオフィス文具、ベビー用品、ペット用品、飲料など(文末に一覧を記載)。ユーザーの生活空間で、カテゴリーごとにどんなダッシュボタンがあれば便利かを検討した。

設定から注文までのデモンストレーションを行った橋本 肇氏(デバイス プロダクト・マネージメント部 シニアプロダクトマネージャー)は、次のようにコメントした。

“>>>
「もう少しでなくなるな」と思ったときに、このボタンを押していただければ注文が終了する。生活の中の小さなわずらわしさをすぐに解決できる。シンプルで革新的なお買い物体験を提供できると思っています。
<<<”

 

1/2ページ