ここから本文です

香港「雨傘革命」若者が怒った「本当の理由」 「1国2制度」って何? 「特権階級」が選ぶ独特の仕組み

7/1(土) 7:00配信

withnews

 香港が英国から中国に返還されて7月1日で20年を迎えます。香港で2014年の秋、若者たちが中心部を79日間にわたって占拠しました。彼らが持ったシンボルの傘にちなんで、「雨傘革命」(雨傘運動)と呼ばれます。日本を含む世界中の若者に影響を与えたと言われるこのデモが求めたのは、選挙の民主化でした。なぜ、香港の若者は怒ったのでしょうか。なぜ、傘が象徴になったんでしょうか。(朝日新聞国際報道部記者・井上亮)

【画像】香港「雨傘革命」の主役たち、アキバに現る! 進撃の巨人・アイマスに感動?

香港の通貨は中国と別 五輪に代表も

 日本がまだ江戸時代だった1842年。イギリスはアヘン戦争で中国(当時の「清」)に勝ち、香港を植民地とします。以後、香港は独自の発展を進めてきました。

 今もオリンピックやサッカー・ワールドカップなどのスポーツ大会には、中国とは別に選手を派遣。独自の通貨(香港ドル。中国は人民元)も流通しています。

 しかし、20年前の1997年、イギリスは香港を中国に返還しました。

 日本の外務省のホームページは、香港の元首を「習近平中国国家主席」と書いています。香港には行政長官という政治のトップがいますが、その上に中国の国家主席がいるわけです。

 そんな香港の様子を示す、「1国2制度」という言葉があります。この「1国」とは中国のこと。香港は中国の一部です。

中国は社会主義、香港は資本主義

 中国は中国共産党が支配する社会主義国。一方で、香港は1997年に中国に返還された後も、イギリス流の資本主義や民主主義を続けてきました。

 イギリスと中国は香港返還に先立ち、2047年までの返還後50年間は、経済制度や生活様式を維持し、行政、立法、司法の独自性を保つことで合意しました。
 
 この合意をもとに、香港のミニ憲法と呼ばれる「香港特別行政区基本法」(以下、香港基本法)が作られ、返還と同時に施行されました。

 以上のように、「1国2制度」は、中国という一つの国において、異なった二つの社会、経済、政治システムを採用した状態のことです。

1/3ページ

最終更新:7/1(土) 7:00
withnews