ここから本文です

香港=進撃の巨人?「雨傘革命」リーダーがアキバで探した“未来” 「壁=1国2制度」「巨人=共産党」

7/1(土) 7:00配信

withnews

 香港がイギリスから中国に返還されて、7月1日で20年。2014年に香港であった「雨傘革命」(雨傘運動)を覚えていますか? 学生たちが香港の中心部を占拠、最大で30万人が参加したという運動を率いたのは、なんと当時の高校生。中でも筆頭格だった2人はアニオタだそうです。6月中旬に来日した彼らと東京・秋葉原(以下、アキバ)を歩いてみたら、アニメと「革命」の意外なつながりが見えてきました。(朝日新聞国際報道部記者・井上亮)

【画像】香港「雨傘革命」の主役たち、アキバに現る! 進撃の巨人・アイマスに感動?

香港「雨傘革命」

 訪日したジョシュア・ウォン(黄之鋒)さん=男性=とアグネス・チョウ(周庭)さん=女性=は、ともに20歳。香港の大学に通う大学生です。

 ジョシュアさんは雨傘運動を率いた団体のリーダーを務め、アグネスさんはスポークスパーソン(広報責任者)でした。

 実は2人とも、香港では学生運動のカリスマ的存在なんです。

 特に、ジョシュアさんは演説のうまさで知られ、多くの若者を鼓舞。香港だけでなく、世界中から注目されました。

 2014年にはアメリカの雑誌「TIME」の表紙を飾り、同じ年にノーベル平和賞を受賞したパキスタン人女性のマララ・ユスフザイさんらとともに、「世界で最も影響力のある十代25人」に選ばれたほどです。

 日本の学生団体「SEALDs」も強い影響を受けたと言われています。

 さすがの有名人ぶりで、アキバを歩いていても、香港からの観光客にあっさり気づかれていました。

スケジュールを縫ってアキバ入り

 今回の来日でも、記者会見、東京大学での講演、各メディアへの取材対応など分刻みのスケジュール。

 ですが、アキバ散策では2人ともリラックスした様子でした。

 カリスマといえども、まだ20歳の若者ですもんね。ジョシュアさんに詳しく聞きました。


――アキバは何回目?

 4~5回目です。アニメとかゲームが好きなので、来日したときには時間があれば来ます。さっき集合するまでは、ゲームセンターで遊んでいました。


――(それで遅刻したのか……)そうなんだ!じゃあアニメは何が好きなの?

「機動戦士ガンダム」の「鉄血のオルフェンズ」や「00(ダブルオー)」。あとはやっぱり「進撃の巨人」ですね。


――どうして好きなの?

どれも、強者への抵抗の物語なんです。平和を求めるというメッセージが込められていると思います。そうそう、今回アキバに来た大きな目的の一つは、「進撃の巨人」のコスチュームを探すことです。

1/2ページ

最終更新:7/1(土) 7:00
withnews