ここから本文です

フランス発のミュージカル映画「ジュリーと恋と靴工場」9月に日本公開

6/29(木) 17:51配信

CDジャーナル

 フランス発のミュージカル映画「Sur quel pied daser」が「ジュリーと恋と靴工場」の邦題で、9月23日(土・祝)より東京・新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて公開されます。

 本作の主人公は、フランス・ロマン市にある靴工場での仕事を、やっとの思いで手に入れた25歳の“ジュリー”。工場が閉鎖の危機に陥るなか、彼女が“戦う女”と名づけられた赤い靴を武器に危機を乗り越える姿が、ジャック・ドゥミ監督の『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』などを彷彿とさせるポップな映像で描かれています。

 監督・脚本を務めたのは、本作で長編デビューを果たしたポール・カロリとコスティア・テスチュ。また『EDEN / エデン』のポーリーヌ・エチエンヌがキュートな主人公をみずみずしく演じているほか、『メニルモンタン 2つの秋と3つの冬』のオリヴィエ・シャントロー、『ゼロ時間の謎』のフランソワ・モレルらが出演しています。

最終更新:6/29(木) 17:51
CDジャーナル