ここから本文です

南三陸で海のアウトドア体験 海のビジターセンターが週末に実施 /岩手

6/29(木) 9:09配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 「南三陸・海のビジターセンター」(南三陸町戸倉、TEL 0226-25-7622)が7月から、「海のアウトドア体験」プログラムを行う。(三陸経済新聞)

 メニューは、「SUP(サップ=スタンド・アップ・パドルボード)」(7月8日と29日)、ヨシ原をカヤックツアー(同9日)、ビーチクリーン(同15日)、磯の生き物観察(同23日)。7月30日は、三陸沖のウミガメについての講義も行う。野外活動はいずれも同町内の海や河口付近で、ウミガメの講義のみ同センターで行う。

 同センターの西條千恵さんは「国立公園(三陸復興国立公園)になったことをアピールしたい。三陸の方をはじめ、石巻や町外の方にも参加していただければ」と呼び掛ける。

 参加資格は小学生以上で、カヤックとSUPは中学生以上。参加費はSUPとカヤック=1,000円、生き物観察=100円で、ビーチクリーンとウミガメの講義は無料。

 水辺での野外活動のため、ラッシュガードなどぬれてもよい服装と足元を確保できる靴、着替え、健康保険証要持参。申し込みは同センターまで。

みんなの経済新聞ネットワーク