ここから本文です

契約延長難航のクルトゥワ、代理人がレアル移籍を示唆「関係者と定期的に会っている」

6/29(木) 12:11配信

GOAL

チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトゥワの代理人は、レアル・マドリーと会談を行ったことを明かしている。

2011年にチェルシーに加入するものの、同年から3シーズンに渡りアトレティコ・マドリーにローン移籍したクルトゥワは、現在スタンフォード・ブリッジの守護神として君臨。ここ3シーズンで2度のプレミアリーグ制覇に貢献した同選手だが、クラブとの契約延長交渉は上手く進んでおらず、レアル・マドリーへの移籍がうわさされていた。

クリストフ・ヘンロタイ代理人は『スポルト・フット』で「もちろんティボーにビッグクラブが興味を持っている。その中には前回もチャンピオンズリーグ王者も含まれている。私は定期的にレアル・マドリーの関係者と会っていて、ティボーのことも話題に挙がっている」と移籍の可能性を示唆した。

ケイロル・ナバスの代役を探しているとされるレアル・マドリーは、マンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘア、クルトゥワ、ACミランのジャンルイジ・ドンナルンマをオプションとして考えているようだ。

GOAL

最終更新:6/29(木) 12:11
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1