ここから本文です

ブラボがPK戦で3連続ストップ チリがポルトガルを下し決勝へ/コンフェデ杯

6/29(木) 10:02配信

ISM

 コンフェデレーションズカップ2017は現地時間28日(以下現地時間)、ポルトガル対チリの準決勝が行なわれ、PK戦の末にチリが決勝進出を決めた。

 試合は両国共に積極的に入りチャンスを作るも、チリGKブラボ、ポルトガルGKパトリシオが奮闘。決定機をことごとくセーブし、失点を許さない。そしてそのまま延長戦でもスコアは動かず、PK戦へ突入する。

 PK戦では、先行のチリが3本連続で成功。そしてGKブラボが3本連続でセーブし、チリが決勝進出を決めた。

 ふくらはぎのケガでグループリーグ2試合を欠場したブラボだが、オーストラリア戦から復帰すると、準決勝では相手のPKをすべて止めて見せた。同選手は「僕はケガをしていて、普段通りのペースでプレーしていなかった。しかし、いつも通り静かに集中していた」「この勝利は、成功のサイクルを完結させるためにとても重要だ。決勝でプレーできることになって、本当にうれしいよ」と、勝利を喜んでいる。

 ピッツィ監督は「クラウディオは驚くべき選手だ。そして、PKを決めた選手たちも素晴らしかった。我々は決勝進出に値したと思う」「大きな努力をしてきたし、試合中に見ることができたと思う」と、チームの戦いに満足感を示した。

 勝ち上がったチリは、7月2日に行われる決勝戦で、28日の準決勝もう1試合のドイツ対メキシコの勝者と対戦する。一方敗れたポルトガルは、2日の3位決定戦にまわることになった。(STATS-AP)

最終更新:6/29(木) 10:02
ISM