ここから本文です

IoT通信プラットフォームとクラウドサービスの連携を開始

6/29(木) 8:10配信

MONOist

 ソラコムは2017年6月15日、同社のIoT(モノのインターネット)通信プラットフォーム「SORACOM」が、グーグル(Google)のクラウド「Google Cloud Platform(GCP)」に対応したと発表した。同年5月に発表された「Google Cloud IoT Core」「Google Cloud Pub/Sub」との連携を開始し、GCPの機能を生かしたIoTシステムの活用が可能になった。

 SORACOMは、IoT/M2M向けのデータ通信を提供するサービス。セルラーとLoRaWANの2つの通信方式とクラウド上に構築したコアネットワークにより、セキュアなデータ送信などが行える。

 今回新たに、Google Cloud IoT CoreおよびGoogle Cloud Pub/Subに対応したことで、SORACOMのWebコンソールからGCP連携が可能となる。これによりユーザーは、IoTデバイスから送信されたデータをGCPに集約し、「Google Cloud Dataflow」「Google BigQuery」「Google Cloud Machine Learning Engine」などの大規模データ分析サービスを活用できるようになる。

 Google Cloud IoT Coreには、「SORACOM Beam」サービスを経由して接続する。BeamはIoTデバイスから送信されるデータに認証/暗号化/プロトコル変換などを施し、転送を支援する。今回の連携では、Google Cloud IoT Coreに必要なJWT認証やMQTT over TLSでの通信をサポートし、GCPとの双方向通信も可能となる。

 また、Google Cloud Pub/Subには「SORACOM Funnel」サービスを経由して接続。Funnelは、「アダプタ」と呼ばれる各種クラウドへの接続機能を提供するもので、今回Google Cloud Pub/Sub連携のアダプターを追加した。Funnelは、個々のデバイスで認証情報の設定が必要なくなるなど、迅速/安全にクラウド連携を利用できる。

最終更新:6/29(木) 8:10
MONOist