ここから本文です

日本ハム大谷、復帰後初安打&初打点 全8球内角攻めに「個人的にはいい打席」

6/29(木) 6:04配信

デイリースポーツ

 「ソフトバンク6-5日本ハム」(28日、ヤフオクドーム)

 1打席、いや1球ごとに、その鋭い打撃感覚を取り戻している。1点を追う五回2死一、二塁。前夜に続く代打のアナウンスに、大歓声で迎えられた日本ハム・大谷翔平投手(22)。期待に応え、左前への同点打で復帰後の初安打初打点をしるした。

【写真】フジ久慈暁子アナ、市長公認恋人の日本ハム・大谷とツーショット

 「昨日も(球が)見えてはいたけど、ついていけなかった。ヒットになって良かったです」。淡々と振り返るが、その能力の高さを見せつけた打席だ。

 ソフトバンク・武田の執ような内角攻め。2、3球目の内角スライダーに大谷のバットは空を切る。だが、フルカウントからの8球目。同じく内角スライダーが甘く入ったところを詰まりながらも逆方向へはじき返した。

 全8球すべてが内角。そのうち、直球はわずか2球。「あれだけ内角のスライダーとかを見られるとは思ってなかった。個人的にはいい打席だった」。左太もも裏肉離れから、2軍戦出場をせずに、ぶっつけでの1軍復帰。それだけに一線級投手の生きた球が、1球ごとに鋭敏な感覚をよみがえらせていた。

 ソフトバンクの一発攻勢に敗れてチームは4連敗。ただ大谷は「取られても追いついたりと、良いところはある。勝ちにつながるように全員で頑張りたい」と前を向く。大谷の完全復活。低迷するチーム救う希望は、やはりそれしかない。