ここから本文です

ソウルで大ヒット映画「君の名は。」展 絵コンテなど貴重資料300点展示

6/29(木) 11:08配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 ソウル市のショチョ区にある「モナコスペース」(397,Seocho-daero, Seocho-gu)で7月8日、韓国で公開され大ヒットを記録したアニメ映画「君の名は。」の展示会が開催される。(カンナム経済新聞)

 韓国で1月4日に公開された同作品は、観客動員数305万2179人、興行収入記録23億9,000万円を突破し、韓国で公開された日本映画で歴代トップの記録を樹立。韓国ファンの熱い声援に応え、新海誠監督や劇中音楽を担当したRADWIMPSの野田洋次郎さんが来韓し記者懇談会やファンイベントを開いたほか、韓国でも聖地巡礼ツアーが人気となるなど、ブームを超えて社会現象化した。

 同展示会では、企画書から絵コンテ、原画など約300点を展示。先日一部が公開されたが、新海監督のストーリーボードや作画監督の安藤雅司さんのキャラクター設定表、色彩設計の三木陽子さんによる色指定表など、同作品の出発点となった貴重資料も含まれ注目を集める。

 会場には名場面を立体的に再現したフォトゾーンが設置されるほか、高画質LEDを通じて新海監督のインタビューをはじめ、RADWIMPSのミュージックビデオ、ビハインド映像も上映する。

 開催時間は11時~17時。料金は、大人=8,000ウォン、中・高校生=6,000ウォン。10月15日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク