ここから本文です

日野といすゞの新型観光バス、クラリオンの集中操作システムを採用…FDSも標準装備

6/29(木) 13:30配信

レスポンス

クラリオンは6月28日、さまざまな機能を集中操作できる観光バス向け新型システムを開発、日野『セレガ』および、いすゞ『ガーラ』に採用されたと発表した。

[関連写真]

新型システムは、これまで別々の機器として装着していたAV、マイクアンプ、地デジ、ラジオ、ナビゲーションなどの機能を一つのユニットにまとめることで省スペース化、運転席モニターのタッチパネルで集中操作することができる。加えて、最大3台のカメラが接続できる入力機能により、車両後方・側方の安全確認も運転席モニターで可能。ガイド席モニターでは、オーディオ、マイクなどの操作が行えるほか、USBメモリに記録されている観光情報、写真などのPDFやJPEGファイルを客席モニターを通し乗客に提供できる。

またクラリオン独自のフルデジタルサウンドシステム(FDS)も初めて標準採用される。乗客は、バス向けFDS専用エンクロージャーと音響チューニングを施したフルデジタル伝送によるクリアで高音質なサウンドを楽しむことができる。

なお、新型システムを装着する大型バスは、日野自動車といすゞ自動車の合弁会社ジェイ・バスが製造、7月3日に発売される。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/29(木) 13:30
レスポンス