ここから本文です

『東京喰種』窪田正孝&清水富美加、“赫子”発動ビジュアル公開!

6/29(木) 18:00配信

cinemacafe.net

石田スイの人気原作コミックを、アニメ、舞台、ゲーム化と経て、俳優・窪田正孝を主演に迎えついに実写映画化する『東京喰種 トーキョーグール』。この度、窪田さん演じるカネキこと金木研、清水富美加演じるヒロインの女子高生・トーカこと霧嶋董香が「赫子(カグネ)」を発動した戦闘中の新ビジュアルが解禁された。

【写真】清水富美加演じるトーカの「赫子(カグネ)」発動シーン/『東京喰種 トーキョーグール』

本作は東京を舞台に、人の姿をしながら人を喰らう怪人・喰種(グール)と人間の闘いを描くバトルアクション。ある事件に遭遇し半分人間、半分喰種になってしまった主人公・金木研(カネキ/窪田正孝)は、人の命を奪い、喰い生き永らえる“喰種”の存在に疑問を抱き、人間と喰種、2つの世界の価値観の中で葛藤しながら生きることに…。しかし、人間と同じ世界に生きる喰種を駆逐しようとする、人間側の組織・CCG(喰種対策局)の捜査官が現れ、熾烈な戦いが繰り広げられるというストーリー。

これまで様々なビジュアルや映像が公開されてきたが、このほど到着したのは、カネキとトーカ、それぞれが“赫子”を発動させた姿を切り取った写真。赫子とは、喰種の捕食器官で戦いの際には強力な武器としても使用されるもので、触手のような独特なビジュアルで喰種によってタイプが様々に分かれているのが特徴。映画では、最新のVFX技術とキャスト陣のアクションが見事に融合し、実写版ならではの迫力溢れる赫子として登場している。

写真では、両者とも目が赤く変貌する「赫眼(カクガン)」状態で、体からはリアルな赫子が飛び出している…という完全な臨戦態勢を披露。カネキは、腰の辺りに出現する「鱗赫(りんかく)」、トーカにおいては肩の辺りに出現する羽のような「羽赫(うかく)」が飛び出し、いまにも動き出しそうな大迫力のビジュアルとなっている。

また特に、劇中で“とあるきっかけ”で初めて発動するカネキの赫子は、窪田さん渾身の演技も加わり衝撃的な姿として映し出されるので必見! さらに、映画ではこの2人のほかにも、様々な喰種たちが個性的な赫子を披露し、赫子に対抗できる武器「クインケ」を持ったCCGも参戦し、規格外の大迫力のバトルが展開。コミックともアニメとも異なる、実写映画ならではの至極のバトルアクションはぜひ劇場で確認して欲しい。

そして、7月1日(現地時間)からアメリカ・ロサンゼルスにて開催される「アニメエキスポ2017」にて、実写映画初のワールドプレミアの実施が決定。現地時間3日には窪田さんがゲスト参加し、ファンとのQ&Aやフォトセッションを行う予定となっている。

『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日(土)より全国にて公開。

最終更新:6/29(木) 18:00
cinemacafe.net