ここから本文です

<木村文乃>「伊藤くん A to E」ドラマ化で主演決定 佐々木希、志田未来、夏帆らも出演

6/30(金) 5:00配信

まんたんウェブ

 柚木麻子さんの小説が原作で、岡田将生さんと木村文乃さんのダブル主演で映画化される「伊藤くん A to E」が、木村さん主演でドラマ化されることが30日、分かった。また、映画とドラマの追加キャストとして、佐々木希さん、志田未来さん、池田エライザさん、夏帆さん、田中圭さん、中村倫也さん、山田裕貴さん(山田さんはドラマ版のみ)が決定したことも併せて発表された。

【写真特集】木村文乃、始球式でノーバン披露

 映画は、柚木麻子さんの同名恋愛小説が原作。過去の栄光で何とか一流としてのプライドを保っている崖っぷちのアラサー脚本家・矢崎莉桜(木村さん)が、返り咲きたい一心で自身の講演会に参加した女性4人に目をつけ、彼女たちから受ける恋愛相談をネタにするため取材を始める。彼女たちを振り回す男の名前は偶然にも全て「伊藤」で、皆容姿端麗らしいが、自意識過剰で幼稚で無神経。聞くにつけ首をかしげたくなるほどの“痛男”だった。莉桜は脚本に書き進めるうちに、4人の女性たちが語る“痛男”が全て同一人物ではないかと考えはじめる。そしてある日、伊藤(岡田さん)が莉桜の前に現れる……というストーリー。ドラマ版は、映画と同じストーリー軸ながら、映画版で描ききれない4人の女性と伊藤との恋愛模様を、それぞれの女性目線で描く。

 岡田さん、木村さんのほか、伊藤にぞんざいに扱われる女性・島原智美役で佐々木希さん、伊藤にストーカーまがいの好意を持たれる女性・野瀬修子役で志田未来さんが出演。親友が長年片思いしている相手である伊藤を寝取ってしまう女性・相田聡子を池田エライザさん、伊藤に振られて自暴自棄になる女性・神保実希を夏帆さんが演じる。このほか、ドラマプロデューサー・田村伸也役を田中圭さん、売れっ子若手脚本家・クズケンこと久住健太郎役を中村倫也さんが務める。またドラマ版には、莉桜がかつて脚本を手がけた人気ドラマ「東京ドールハウス」の主演俳優・沖田役として山田裕貴さんも出演する。

1/2ページ

最終更新:6/30(金) 5:00
まんたんウェブ