ここから本文です

原油先物が6日連続上昇、米生産減少が支援=アジア取引

6/29(木) 10:17配信

ロイター

[シンガポール 29日 ロイター] - 29日アジア時間の取引で、原油先物は6日連続で上昇。世界的な供給過剰への懸念が広がるなか、米生産の減少が支援材料となった。

0003GMT(日本時間午前9時03分)現在、米WTI原油先物<CLc1>は0.07ドル(0.2%)高の1バレル=44.81ドル。

北海ブレント先物<LCOc1>は0.08ドル(0.2%)高の同47.39ドル。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が発表した週間石油統計では、原油在庫が11万8000バレル増加した一方、週間の生産量は10万バレル減の日量930万バレルとなり、週間生産量の減少幅としては2016年7月以来の大きさとなった。

米ガソリン在庫が減少したこともサポート要因となった。

最終更新:7/17(月) 14:15
ロイター