ここから本文です

「シャープ製品」公式Twitterが謝罪 「ミニスーファミ」の価値「4600円相当」と任天堂にリプライ

6/29(木) 9:36配信

ITmedia NEWS

 シャープが運営する、同社製品関連のTwitterアカウント「シャープ製品」は6月28日、任天堂の新製品「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(ミニスーファミ)を、アカウント運営者が個人的に値踏みした27日付の投稿について「不適切な発言だった」と謝罪し、投稿を削除した。

【問題のツイート】

 シャープは複数の公式アカウントを運用しており、「シャープ製品」は、ぶっちゃけ発言などで注目を集める人気アカウント「シャープ公式Twitter」とは別のアカウント。同社製品や「GALAPAGOS STORE」の電子書籍の紹介のほか、“中の人”がランチや休日の過ごし方などを投稿している。

 問題の発言では、ミニスーファミについて「面白そうだけど…冷静に、私の思い出(年代的にボリュームゾーン世代より少しずれている事が大きい)を価値に換算していくと」と断った上で、収録されている21タイトルについて、「スーパーマリオワールド」(200円)、「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」(500円)、「聖剣伝説2」(0円)、「ロックマンX」(0円)、「スターフォックス2」(1000円)などと表で列挙。合計の価値は「4600円」と、実際の価格(税別7980円)よりかなり安く値踏みし、任天堂公式アカウントにリプライする形で投稿していた。

 このツイートについて、「名作ゲームを0円にするなんて」などと批判が集まったため、同アカウントは「誤解を招いた」とし、「0円」と査定したタイトルについて「未購入」に修正した表を再投稿したが、「未購入が0円なら、スターフォックス2(未発売)が1000円はおかしい」「シャープのお得意様である任天堂の製品を、個人の思いで値踏みするのは不適当では」などと批判は収まらず、シャープ製品Twitterはツイートを削除し、28日に謝罪文を画像で投稿した。

 謝罪文では、「不適切な発言をしてしまい、任天堂様に多大なるご迷惑をおかけするとともに、皆様に不愉快な思いをさせてしまったことを心からお詫びする」「企業アカウントの発言として節度や配慮、マナーに欠け、その後の対応も不適切だった」「今後、このようなことを繰り返さぬよう取り組む」などとしている。

最終更新:6/29(木) 14:04
ITmedia NEWS