ここから本文です

質屋アプリ「CASH」一時査定停止 初日に3億円超の利用

6/29(木) 10:29配信

ITmedia ビジネスオンライン

 少額キャッシングアプリ「CASH」を運営するバンクは6月29日、同アプリの査定機能を一時停止すると発表した。28日のサービススタートから約16時間34分で、約3億6000万円が現金化され、7500個のアイテムの集荷依頼があったが、「体制や規模が整っていない」ため、運営体制が整うまでアイテムの新規登録を制限する。

【どんなサービス?】

 保有するアイテムを登録すると、その商品の買い取り査定価格が表示され、審査・手続きなしで、銀行口座かコンビニ出金による出金(現金化)ができる「デジタル質屋」のようなサービス。アイテムを送る前に出金ができ、2カ月後までに「返金する」か「アイテムを送る」かのどちらかを選択する。取引の上限額は2万円。

 バンクによると、アイテムがキャッシュ化された回数は約7万3000回、総額は約3億6600万、集荷依頼があったアイテム数は7512個。バンクには社員が4人しかおらず、毎日7000点以上のアイテムの受け取り処理や、キャッシュの供給の体制や規模が整っていないため、アイテムの査定機能(新規登録)を一時停止するという。「ここまで多くの皆様にリリース初日にご利用いただけるとは、正直なところ、夢にも思っておりませんでした」としている。

 バンクの光本勇介代表取締役は28日、自身のTwitterで、「すでに私たちの想像をはるかに超えて利用していただいており、すでに数日後に相当数のアイテムが私たちのオフィスに届くことも分かって」いると発言。アイテムの管理を担うアルバイトを日給1万円で募集していた。