ここから本文です

サッカー=メキシコが若手中心ドイツを警戒、コンフェデ杯準決勝

6/29(木) 11:42配信

ロイター

[28日 ロイター] - サッカーのコンフェデレーションズカップ(杯)、29日の準決勝でドイツと対戦するメキシコ代表のフアン・カルロス・オソリオ監督は28日、若手中心のドイツを警戒した。

世界王者ドイツは多くの主力を休養させ、平均年齢24歳強と若いメンバーで大会に臨んだ。だが、1次リーグは2勝1分けと無敗で突破。ヨアキム・レーウ監督は「本当に機能した」と、力を試す機会として若手を選出したことに後悔はないとした。

ドイツと同じ2勝1敗で1次リーグを勝ち抜いた北中米カリブ海王者メキシコのオソリオ監督は、「若さと経験は別物だと思う」とコメント。若くても経験を積んでいるかどうかが重要だと述べた。

ドイツ対メキシコの勝者は、7月2日の決勝でチリと対戦する。

最終更新:6/29(木) 11:42
ロイター