ここから本文です

松戸観光案内所開設記念式典 商店街の活性化に期待 /千葉

6/29(木) 14:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 松戸市観光協会が7月1日、「松戸観光案内所」(松戸市本町)開所の記念式典を開催する。(松戸経済新聞)

 2016年10月に同協会が一般社団法人化したことを機に設置が決まった同案内所。事務局長の松戸繁和さんは「案内所をランドマークとして、『Friendly=親しみやすく』『Enjoy=楽しい』『Entertainment=エンターテインメントな』『Landmark=ランドマーク』の頭文字を取った『FEEL』をテーマに市の観光活性化に努めたい」と話す。

 同式典には、松戸観光特命大使で元宝塚トップスターの北翔海莉さんがテープカットで参加予定。2階フロアでは、北翔さんの市訪問時の写真と松戸観光大使で写真家の故馬場浩士さんの「松戸の四季にちなんだ美しい風景写真」を展示する。

 当日は、同式典のチラシを持参した来場者先着500人にボールペンと蛍光ペンのセット、同案内所愛称に応募した先着500人に北翔さん特製クリアファイルを進呈する。

 松戸さんは「東葛地域での観光案内所設置は初。近くの市民劇場前は観光バスの発着場所となっているので、立地を生かして松戸を訪れる方々に市の魅力を伝えていきたい。東京オリンピックに向けて観光客の増加で市の商店街の活性化に貢献できれば」と意欲を見せる。

 式典の開催時間は11時~。営業時間は10時~18時(土曜 11時~)。月曜定休。写真展示は7月8日まで。問い合わせは松戸市観光協会事務局(TEL 047-703-1100)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク