ここから本文です

池袋東武で初の「夏のスイーツフェスタ」-究極のモンブラン、大人のフロートなど /東京

6/29(木) 14:06配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 東武百貨店池袋本店の8階催事場で6月30日(金)より、「夏のスイーツフェスタ」が初めて開催される。(デパチカドットコム)

イートインで楽しめる大人のフロート

 会場には、同店初登場となる2店舗を含め既存店、物産展や催事で期間限定出店していた店など19店舗が集結。人気の定番商品に加え、この時期に合わせた期間限定商品や新商品も取りそろえる。

 これまで食品売り場に期間限定出店し、今回再登場するスイーツ店の中、「吉祥寺エスプリ・ドゥ・パリ」は通常は9月~2月の間しか販売しないという、スポンジを使わず、全て栗尽くしの東武初出品「鈴木俊行の究極のモンブラン」(692円、7月6日より販売)を期間限定で販売。奄美大島の元井農園が栽培したタンカンを使った東武初出品「奄美たんかんのタルト」(584円)も販売する。

 シンガポール発「ティラミスヒーロー」の猫のイラスト付き瓶入りティラミス「ママヒーロー」(735円、7月6日より販売)、「ミラノドルチェトレ・スパーデ」の添加物を極力使わず、コク豊かな味わいのプリン「ミラノプリンカットプレーン」(470円)も再登場。

 今回初登場となるのは2店舗。神戸の老舗チョコレートメーカー「マキィズ」がプロデュースした新業態「きゃらめらいず東京」は、キャラメリゼしたクロワッサン生地とパイ生地を独自の製法で織り込み焼き上げたシュークリーム「シューストライプ」(281円)を販売する。

 「東京ベイ舞浜ホテル」も初登場し、タヒチ種バニラビーンズ入りカスタードクリームにオレンジ風味の蜂蜜を合わせ、蜂の巣をイメージしたシュー生地に詰めたホテルスイーツ「舞浜はちみつシュークリーム」(378円)を販売。

 イートインは3店舗が登場。常設店「なかほら牧場」は、岩手県産ブドウを使ったスパークリングワインにジャージー牛の濃厚ソフトクリームをトッピングした、東武初出品となる大人のフロート「スパークリングワインフロート」(601円)を提供する。

 桑名園本店プロデュースの「茶蔵(さくら)」は、6種類の濃さから選べる抹茶アイス「茶蔵スペシャル」(1カップ391円、種類によって価格が異なる)を「ずんだ茶寮」は特製ずんだの風味が楽しめる和シェイク「ずんだシェイク」(1杯289円)を提供。

 会期は7月11日(火)まで(最終日は18時閉場)。

みんなの経済新聞ネットワーク