ここから本文です

【グッドウッド2017】ロールスロイス ドーン に初の「ブラックバッジ」…593馬力に強化

6/29(木) 18:51配信

レスポンス

英国の高級車メーカー、ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は6月28日、英国で6月30日に開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード」において、『ドーン』の「ブラックバッジ」を初公開すると発表した。

画像:ロールスロイス ドーン ブラックバッジ

ロールスロイスは2016年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2016において、ブラックバッジの展開計画を発表。ロールスロイスのメイン顧客層よりも、下の年齢層にアピールするのが、ブラックバッジとなる。

今年のグッドウッドフェスティバルオブスピードで初公開されるのが、ドーンに初設定となるブラックバッジ。車名が意味するように、ボディカラーはブラック。ボンネット先端のスピリット・オブ・エクスタシーも、グロスブラックで仕上げるこだわりよう。ソフトトップはブラックのみとなり、リアデッキはブラックレザーで仕上げられた。

直噴6.6リットルV型12気筒ガソリンツインターボエンジンは、パワーアップ。最大出力は563馬力から30馬力引き上げられ、593馬力を獲得。最大トルクは2kgmプラスの85.6kgmで、1500rpmの低回転域から引き出される。

ドーンのブラックバッジは、2560kgの重量級ボディ。にもかかわらず、0~100km/h加速は4.9秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。パワーアップに対応して、サスペンションやブレーキは強化されている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/29(木) 18:51
レスポンス