ここから本文です

米国務省、イスラム圏6カ国のビザ希望者に対する指針設定

6/29(木) 12:39配信

ロイター

[ワシントン 28日 ロイター] - 米政府は今後、イスラム圏6カ国からの査証(ビザ)希望者に入国を認めるにあたり、米国に住む個人との密接な家族関係、あるいは米国の団体との正式な関係を持つことを要件とする。国務省が28日に関係先に送ったガイドラインで明らかになった。

ロイターが入手したガイドラインでは、密接な家族関係を、両親、配偶者、子供、義理の息子や娘、兄弟姉妹、ステップファミリーと規定。

祖父母、孫、おじやおば、姪、甥、いとこ、義理の兄弟姉妹、婚約者、他の親戚については密接な関係とはみなされない。

もう一つの要件である米国の団体との関係については、「正式かつ文書化され、(イスラム圏6カ国からの入国を制限する大統領令の回避が目的ではない)通常の過程で形成された関係でなければならない」と規定した。

*内容、カテゴリーおよび写真を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:6/29(木) 14:02
ロイター