ここから本文です

長居植物園のハスが見頃に 早朝開園、ハスまつりも /大阪

6/29(木) 16:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 長居公園(大阪市東住吉区)内の大阪市立長居植物園で現在、大池のハスが見頃を迎えている。(あべの経済新聞)

ハスが見頃を迎えた長居植物園の大池

 同園のハスの品種は「酔妃蓮(すいひれん)」。開花初期は全体にピンク色をしているが次第に白となり先端だけピンク色が残る。同園では7月1日~9日、朝に開花して午後には閉じてしまうハスの見頃に合わせて通常より2時間早い7時30分に開園する。ハスの見頃は7月中旬ごろまでという。

 7月8日・9日は「ハスまつり」を開催。ハスの葉でジュースや酒を飲む象鼻杯体験コーナー(参加費100円、各日先着100人)、ハスのうちわ作りコーナー(参加費100円、各日先着100人)、同園職員によるハスの話(無料)などを展開する。開催時間は9時~11時。

 開園時間は9時30分~17時(7月1日~9日は7時30分~)。月曜休園(祝日の場合はその翌日、7月3日は臨時開園する)。入園料は大人=200円、中学生以下と大阪在住の65歳以上無料

みんなの経済新聞ネットワーク