ここから本文です

松本の美容室「ニチカ」にランニングステーション お披露目兼ねイベントも /長野

6/29(木) 17:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 松本・女鳥羽川沿いにある美容室&カフェ「ニチカhair」(松本市大手5、TEL 0263-39-4439)が、ランニングステーションを開設する準備を進めている。(松本経済新聞)

 店内に、ロッカーとシャワー室1室を用意。タオルのレンタルなども行う。6年ほど前から趣味で走り始めたという店主の熊井暢子さんは「走ることは楽しい。松本は湧水もあるので水を持たなくてもいいし、気候もいいし、本当に走りやすい街。皆にももっと走ってほしい」と話す。

 熊井さんは安曇野市出身。京都の美容室に約11年勤めた後に独立し、同店を2014年7月にオープンした。店内には物々交換でドリンクを提供するカフェスペースを設け、数カ月に1回、イベント「よろしくの会」を開催。「髪を切るときだけじゃなく、もっと気軽に来てもらえるような場所にしたかった。始めたときは知らない人ばかりだったが、人の輪が広がって交流の場になってきている」と笑顔を見せる。

 熊井さんが走り始めたきっかけは、京都で働いていた店に来ていた近くの学校の陸上部員。「長距離を走るとご飯がおいしい、ご飯がおいしいと性格が良くなる、と彼女たちを見て感じていた。いざ自分が走り始めると、確かにご飯はおいしいが性格は変わらなかった(笑)」。旅先で走るのも好きで、「松本に住んでいる人も、来てくれた人も、とにかくたくさんの人に走ってほしい」と思いが募り、開業して半年後くらいから少しずつランニングステーションの準備を進めてきた。「近くの人なら家に帰ってシャワーを浴びるだろうし、実際に利用者はそんなに多くはないかもしれない。でも、ランニングステーションがある、ということに意味があると思っている」

 7月9日には、3周年とランニングステーションのお披露目を兼ねて7回目となる「よろしくの会」を開催。当日は、「スタジオコア」によるランニング講習や、「三日月整体院」によるスポーツアロマケアなどランニングに関する企画を中心に、フードやドリンク、本などの物販などの出店、ライブなども行う。3周年を記念して、来場者には同店で使える1,000円チケットを進呈する。

 「口コミで店のことを広めてくれたり、ランニングステーションを作るのも手伝ってくれたり、皆に支えてもらいながら3周年を迎えられた」と熊井さん。「今後は、月1回くらいはランニングイベントを行っていきたい」とも。

 営業時間は10時~19時(日曜は18時まで)。月曜定休。ランニングステーションの利用時間も営業時間に準ずる(時間外は応相談)。利用料は400円。タオルレンタルは200円。「よろしくの会」は9日11時~16時。入場料=500円、高校生以下=250円。

みんなの経済新聞ネットワーク